misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~ misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~ misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~

恋愛 / 立ち止まりそうになった時 / 親子

人の悩みで疲れてしまうときは

Posted on 2015-05-09

57cbd68f14620739c55235add32e900b_s

家族や友達が悩んでいると、
何とかしたい、助けてあげたい、と、
いてもたってもいられなくなりませんか?

「ああしてみたら?」
「こうしてみたら?」
と、あれこれとアドバイスをしてみたり。

自分のことのように胸を痛めて悩みぬき、
最後は、誰の問題かもわからなくなる。

挙句の果てには、何も解決しないまま
二人とも元気をなくしてしまう(;_:)

あなたは精いっぱい支えようとしたけれど力尽きて、
二人とも共倒れ。
こんな状態を「共依存」の関係といいます。

何かしなきゃ、って焦るけど
何かいいこと言わなきゃって思うけど、

その問題を乗り越えてゆくのはあなたじゃない。

自分にとって大切な人であればあるほど
その人の痛みを自分のことのように感じてしまうのは、
感情は共鳴するから。

倒れたその人を、あなたの力でなんとかしようとするのではなく、
相手が再び自分の力で起き上がろうとしたときに
サッと手がだせるよう、そばで見守るだけでもいいのです。

一見、冷たそうに聞こえるかもしれないけれど、
それは、見捨てるとか、放っておくってことじゃなくて
一番近くにいていつも心を寄せる、ってこと。

相手の強さを信じて、もう一度立ち上がる力を待つ。ということ。

あなたが一緒につぶれてしまったら
肝心な時に力が出せないもんね。

何もしなくても、ただ一緒にいて話を聞くとか
手を握ってそばにいるだけでも、
そんな些細でちっぽけだと思うことだって、
相手にとっては大きな光になるんだから。

相手を信じること。
自分を信じること。

一緒に越えていくというのは、そういうことです(^-^)

 


Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA