misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~ misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~ misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~

親子

久しぶりの動物園

Posted on 2015-12-06

8bea3b5d1a864d0c962b6a4b4551eb93_s

息子と二人の日曜日。

今日は久しぶりに動物園に行きました^^
半年ぶり??

IMG_5398.jpg

いつものコースを、いつものペースで
回っていると、
ウサギやモルモットに触れる
「ふれあいコーナー」にやってきました。

ここは息子が大好きで、一番楽しみにしているところ。

しかし、到着が早すぎて、
オープンまでに30分も時間があります。

「もう少し後でまた来ようよ」と提案する私に、
「待つ」のひと言。

え?うそやん!そんな30分も勘弁してよ~
(母の心の声)

なんとか、説得して15分前にスタンバイ。
おやつを食べたり、おしゃべりしたり、
無事に時間まで待てました

IMG_5509.jpg

今までのパターンなら、
列に並ぶことなど至難の技で、
すぐに動きたい!やりたい!の衝動で
体が動いていたのに・・・

いや、いつものパターンだと
勝手に決めつけていたのはこの私。

幼いながらも、子どもは日々、
しっかりと学んでるですね^^;

息子の予想外の「待つ」という言葉、
そして、実際に「待てた」ことに
大きな成長を感じて、じんわりと喜んだ私。

「待てない」と決めつけるのではなく、
「待てるかも?」

「できない」と決めつけないで
「できるかも?」という目線が大事だな、と
改めて思った母です♪

 

 

 

 

RSS Feed  Posted in 親子 | No Comments »

 

七五三詣

Posted on 2015-11-16

e26096ce060cdbc944675490686ee8f3_s

晴天の秋空の下、
息子の七五三詣に行ってきました。

今日は結婚式もあったようで
神社の境内におめでたい「気」が
ムンムン漂っていました
t02200220_0800080013485625481

今日は息子も羽織袴で^^

ちょっとばかり背伸びしたその表情が少年ぽくて、
背中に成長のあとを感じながら、
母は元気に育ってくれてることに、ただ感謝のみ。

慌ただしく過ごしていると、忘れてしまいそうになる

「うまれてきた奇跡」

あたりまえに生まれるんじゃなくて、
元気に成長するのがあたりまえじゃなくて、

それはまるで「奇跡」のようにありがたいこと。
その積み重ねの毎日なのに・・・つい忘れてしまう(^^;)

うちの子はやんちゃ坊だけど、それもいい^^
素直にそう思えてきました
元気な姿がうれしくて・・・ジーン。

t02200220_0800080013485625475 (1)

t02200220_0800080013485663111
やんちゃ坊だけど・・・それも、いい (-“-)

最近なんだか、ちょっぴり涙もろくなったのは、
年のせいだけじゃなさそうです(笑)

写真も撮ってもらって、記念日がまた一つ増えました





RSS Feed  Posted in 育児, 親子 | No Comments »

 

パワー充電

Posted on 2015-11-13

67623ac8596e425de1f1ff7948bcd4e0_s

冷たい雨が降っています。
夜に響く雨の音がけっこう好きな みさきです^^

寒くなって冷えたせいか、少し体調を崩してしまいました
先日うちの男子たちがゴホゴホいってたので
ついに私の元にもやってきたのか?!

いえいえ、それもあるかもしれませんが
私の場合、メンタルが弱るとすぐに体に出てしまうので、
ここ最近の出来事により、今回もメンタルが主な要因?!
我ながらなんともわかりやすい・・・(-“-)

心と体はつながっている

無理がきく人ときかないタイプの人がいる。ってことを
先日の記事にも書きましたが

私の場合、ムリがきかないタイプと自覚しているだけに、
体に出ないようにとできるだけの対策をしてたのに・・・
どうやら今回はキャパオーバーだったようです

でも、まだ寝込むところまではきてないので
大丈夫

家庭のなかで「お母さん」が元気なのが一番!

体が強くない私でも、なんとかやれてます^^

お腹すかせてる子に「ご飯たべささなきゃ」とか、
「お風呂入れてあげなきゃ」とか、

そう思うだけで、免疫力がアップしてる気が・・・
寝込んでられない!早く元気にならなきゃ!って思いますもん。

他の誰を想う時に出てくる力ってあるんですよ。

とはいえ、無理は禁物なので
心と体の声をききながら、バランスを取りたいと思います。

自分だけでは、エネルギーが補えそうにない時は、
サポートしてくれるものはたくさんあります。
人も物も・・・植物たちも。

支えようとしえくれている、与えようとしてくれている、
それを感じてありがたく受け取れる。
いつもそんな自分でありたいと思います
 

***おまけ***
今日はちょっと親バカ話です。
「お母さん悲しいことがあって元気出ないのよ」と
息子に言うと、しばらく困った顔をしていましたが、
「それなら俺のパワー分けてあげよっか?」と、
ギューッってしてくれた4歳児。 泣ける・・・




RSS Feed  Posted in 日常, 親子 | No Comments »

 

よろこびとかなしみと

Posted on 2015-11-10



69cf581d40a572487933348011186046_s

今日は父の誕生日。
ケーキを買って実家でお祝いです。
子どもや孫たちに囲まれて元気に76才の誕生日を迎えた父。
お祝いする方も、されるほうも、なんて幸せなことでしょう!

t02200211_0800076613480283166

t02200220_0800080013480283154

なんともないささやかな日常の中に、
豊かさが溢れているのを感じました。

奇しくも、そんなおめでたい日に
私にはとても悲しいことがありました。

「誰か嘘だと言ってくれ」
「これが夢ならどれだけいいか」

目の前に突きつけられた現実を、
いまだ受け止めきれないでいます。

ただ、この悲しみさえも、賑やかな笑い声が緩和剤となり、
少しだけでも気が紛れるのがせめてもの救いです。

慰めの言葉がなくてもOK。
みんな普段通りでいい。
むしろその方がありがたい。

ほんの、一時しのぎだというのはわかっているけど・・・。
TV観ながらバカ笑いしてる姿がツラさをやわらげてくれるのです。

人生、うれしいことも、かなしいことも、容赦なくやってくる。
それが醍醐味なのかもしれないけれど、
それを一度に味わうなんて…
今日はなかなかハードな1日になりました。

先日のこちらの記事 山は決める 海は流す
今は断然「海」の気分です(-“-)




RSS Feed  Posted in 日常, 親子 | No Comments »

 

親になっていく

Posted on 2015-11-08

5bc73969b5aa3ee520f2e907514395af_s


こんばんは。みさきです^^
日曜日の今日は息子が楽しみにしていた
ピザ作り体験に行ってきました。

どんなことをするかと言えば・・・
某ピザ屋さんの厨房で、手洗い、アルコール消毒を経て
実際に生地をこねるところからスタート。

t02200220_0800080013478308216

t02200220_0800080013478190601

自分の好きな具材を自由にトッピングして
焼きあがったら、カットして終了!
ざっくりとこんな感じです^^

t02200210_0800076213478190598

t02200232_0607064013478190589

親はそばで見ているだけですが、
ついつい「口」や「手」が出そうになります
そんな衝動をグッとこらえるのに必死!

ふと我に返ってみると
いつもどれだけ口うるさくしてるのか?!と、
反省しきりでした・・・(><;)

お友だちと4名で体験したのですが、
作り方にもそれぞれ個性が出ていて、面白かったです。
しかし、どの子にも共通した点は
トッピングし放題にも関わらず、自分の好きな具だけ
遠慮がちに乗せてる。ということ!
盛り放題だからといって誰も山盛りにはしません。
その謙虚さ(?)がっつき加減は大人とは断然違いました

息子といえば、思いのほか上手に生地をこねたり
トッピングも丁寧に考えながらやってみたり、と
普段見れない意外な姿に成長が感じられて、
私にとってもうれしい時間となりました

そんなとき、ふと、子どもが親を「親」にする という言葉を
思い出しました。

・「あれもできるようになった」「これもできるようになった」と
わが子の成長を目を細めてよろこぶとき、

・子どの寝顔にやすらぎを覚えるとき、

・夕飯は子どもが好きなメニューにしようと、考えるとき、

私たちの「親心」が育っているんだと思います。

自分の中から「愛おしい」という感情を、子どもが
引き出してくれているのだと。
そして、親は自分にもそんな一面があったのか、
そんな愛情深さがあったのか、と、気づいて安堵し
無意識ながら自分自身を好きになっていく・・・

親と子の間のエネルギー循環。
子どもからもらっているものは、私が感じているものより
はるかに大きいような気がします。

「子ども」という存在に「親」にしてもらっているのだな・・・と、
そんなことを思った休日でした


RSS Feed  Posted in 育児, 親子 | No Comments »

 

絵本「ことのは」

Posted on 2015-11-05

94d5298d623b9551a95a0a579397535a_s

友人のあたたかい想いと共に、
やさしい絵本が届きました。
今日はほんわか気分のみさきです^^

彼女とは高校の同級生で、もうかれこれの付き合いです。

お寺の住職さんと、パステルアートの先生と、
リトピュアリトミックの先生である彼女の3人の共同作品。

彼女たちは、もともと「ことのは」という紙芝居を作っていて、
読み聞かせの場などで披露していたのですが、

あちらこちからの要望も多くなり、
絵本にしてもっと多くの人のもとへ届けたい!
との想いから、クラウドファンディングという手段を経て
交渉が成立し、晴れてお披露目となったのです^^

人の想いが人を動かす。
まさにその通りですね
 

日々、幼い子どもとその母親との触れ合いの中から
彼女が感じている想いが「絵本」というかたちになりました。

IMG_2346.jpg


「ことば」って大事なんだよ。ということもさることながら、
その「ことば」を発したり、受け取ったときに
自分や相手はどんな気持ちになるのか?
そこを感じ取って欲しいと、彼女は話していました。

時に「ことば」は刃物のように人の心を傷つける
強靭な武器になります。
しかしまた、その傷を癒すのも「ことば」であったりするのです。

感情あるのが人間ですから、自分がツラくて大変だったり
余裕がない時には、つい乱暴な言葉が口をついて
出てしまうこともあるかもしれません。
それは大人も子どもも同じことです。
だけど、そんな時には「ごめんね」という言葉が用意されています。

この一言が言えるかどうか?で、相手との心の距離も
大きく変わってきますよね?

小さなこどもたちは、よく「ごめんね」「いいよ」って言い合ってません?
私も息子を観察しながらよく聞きます。
たまに「いやよ」「ダメよ」などと、ドキッとする返しももありますが(^^;)
それはさておき(笑)

IMG_2350.JPG

IMG_2347.jpg

IMG_2348.jpg

パステルアートの優しいタッチと、流れるようなことばのリズムで、

自分と同じように、相手のことも考えられる「人」になりたい。
「やさしいことばをつかおう」
「ごめんね」「ありがとう」「だいすき」 いっぱい声に出して伝えよう。

大人も子どもも、自然にそう思えるような絵本。
もしどこかで見かけたら、是非手にとっていただきたい一冊です^^

RSS Feed  Posted in 日常, 育児, 親子 | No Comments »

 

子どもと楽しむハロウィンナイト

Posted on 2015-10-31

314b5f0684a622cb707635bb1adb0029_s

ハッピーハロウィン
こんばんは。さゆりです。

ここ数年、ハロウィンの盛り上がりがすごいですね!

今からもう15年も前の話になりますが、
私が子ども英会話の講師をしていた頃
ハロウィンなんて、知る人ぞ知るという感じのイベントで
仮装も魔女やスケルトンなどホラー系?の
王道のものが主流でした。

しかし、今はアニメのキャラクターやら、ご当地キャラまで
バラエティーに富んでいて驚きです
USJでは顔中血まみれのゾンビと鉢合わせして、
ガチでひいてしまいました(笑)

私個人としては、今年もハロウィンとは
無縁に終わるような気がしてたのですが、
ありがたいことに、幼稚園のママ友たちが声をかけてくれて
ハロウィンパーティーに参加してきました

お部屋の中もハロウィン仕様になってるところに感動しつつ、
「こういうセンス、私にはないな・・・」と自己分析(-_-;)
子ども達と数名のママが仮装してとても楽しく過ごせました^^
なかでもバカ殿の仮装が大ウケでしてね(笑)
白塗りで登場したママの度胸に惚れた!
よし、来年は私も!!・・・・アイーン

ハロウィンやクリスマスなどは、
「日本の伝統行事じぁないし~関係ないか」と、
若干冷めたノリで過ごしてしまいがちな私ですが、
こんな形でイベントに乗っかって楽しむのもアリだなー。と、
最近は思うようになりました。

これも、息子がいてくれたからこそ。
面倒くさがらず、気分をあげて
新しい扉を開けてみるのもいいものですね
まるで、心の中を新しい風が吹き抜けていくようです。

普段はちょっぴりクールな私ですが(?)
母になって、いろんな経験させてもらってます^^


***おまけ***
息子、仮装の希望は定番の「かぼちゃ」。
「マリオやジバニャんには?」と聞くと
「そんなんハロウィンじゃないやん!」と言われました(^^;)
t02200220_0800080013469467722

t02200220_0640064013469949808

RSS Feed  Posted in 日常, 親子 | No Comments »

 

人の悩みで疲れてしまうときは

Posted on 2015-05-09

57cbd68f14620739c55235add32e900b_s

家族や友達が悩んでいると、
何とかしたい、助けてあげたい、と、
いてもたってもいられなくなりませんか?

「ああしてみたら?」
「こうしてみたら?」
と、あれこれとアドバイスをしてみたり。

自分のことのように胸を痛めて悩みぬき、
最後は、誰の問題かもわからなくなる。

挙句の果てには、何も解決しないまま
二人とも元気をなくしてしまう(;_:)

あなたは精いっぱい支えようとしたけれど力尽きて、
二人とも共倒れ。
こんな状態を「共依存」の関係といいます。

何かしなきゃ、って焦るけど
何かいいこと言わなきゃって思うけど、

その問題を乗り越えてゆくのはあなたじゃない。

自分にとって大切な人であればあるほど
その人の痛みを自分のことのように感じてしまうのは、
感情は共鳴するから。

倒れたその人を、あなたの力でなんとかしようとするのではなく、
相手が再び自分の力で起き上がろうとしたときに
サッと手がだせるよう、そばで見守るだけでもいいのです。

一見、冷たそうに聞こえるかもしれないけれど、
それは、見捨てるとか、放っておくってことじゃなくて
一番近くにいていつも心を寄せる、ってこと。

相手の強さを信じて、もう一度立ち上がる力を待つ。ということ。

あなたが一緒につぶれてしまったら
肝心な時に力が出せないもんね。

何もしなくても、ただ一緒にいて話を聞くとか
手を握ってそばにいるだけでも、
そんな些細でちっぽけだと思うことだって、
相手にとっては大きな光になるんだから。

相手を信じること。
自分を信じること。

一緒に越えていくというのは、そういうことです(^-^)

 

 

心配しすぎるときは

Posted on 2015-04-23

fb1d8843774c62ab61de4ad9bc8a7a58_s

気づけば4月も残り一週間。
びっくりするほど早いですね^^;(私だけ??)

わが子も幼稚園の年中になり、新しい先生やお友だちと
新生活をスタートさせました。

見かけによらずデリケートな体質のようで(?)
新生活で受けた刺激を、帰宅後に発散させまくってます(-“-)

そんなこんなで、私も毎日刺激的ですが、落ち着くまでは
母として広い心で受け止めようと思います (;_:)

同じように、
子どもの新生活を見守ってらっしゃる方もいると思います。

園や学校での様子はどうか?
お友だちと仲良くやっているか?
楽しく過ごせているか?

親としては気になることばかりですね^^;

だけど、それは、
子ども自身が生活の中で学んでいくことであり
本当は親がどうこうできるものでもないんですよね^^;

子どもの可能性を信じて見守る、その距離感が
親にも子にも、しっくりと心地良いのではないかと思います。

そんなこと、わかっちゃいるけど、それでもやっぱり
気になって仕方ない ><

つい、心配しすぎてしまう・・・という人は、
その矛先を自分に向けてみましょう。

親である自分が

だれとでも「仲良く」しなければいけない。と思っていれば、
子どもに苦手な友だちがいると心配になります。

「いい人」でいなければならない。と思っていれば
子どもが「いい子」でないと気がすまなくなります。

もし、

「誰にでもいいなんて顔したくない」という人なら、
子どもが愛想よくなくても気にならないし、

「一人で居るのも平気」という人なら、
子どもがひとりで遊んでいてもさほど気にしないでしょう。

誰でも自分の考えを通して、
「私」という眼鏡をかけて、相手を見ています。

こうでなければならない。
普通はこうだ。
これがあたりまえ。

自分が持っているたくさんのルールを通して
相手を見ています。

子どものことが気になるのは、親としては当然なこと。

だけど、必要以上に気にしすぎてしまって
苦しいときは、

こうでなければならない。
普通はこうだ。
これがあたりまえ。

そんな、自分の中のルールに気づくとラクになりますよ^^

「私」という眼鏡を外して見てみる。
ただそれだけの、ほんのちょっとしたことなんです^^


***おまけ***
毎日幼稚園からいろんなものを持って帰る息子。
最近のお土産はこんな感じ・・・^^;
ザ・ムーシ~。
t02200204_0800074113284470057
t02200293_0768102413284447146






RSS Feed  Posted in 育児, 親子 | No Comments »

 

自分のことをしっかりやる

Posted on 2015-04-01

55088c64033a82517e38ebea582b03e7_s

4月になりました! 春です^^

3月は別れ、4月は出会い。
スタートの季節というイメージでしょうか!?

今日から気持ち新たに参りましょう^^

子どもが入園、入学を迎えるという親御さんもいらっしゃることでしょうね。
おめでとうございます♪

真新しい制服に身を包み、少し緊張した面持ちで
新しい世界に足を踏み出すさまは

親としては、とっても誇らしく喜びの瞬間ですね。

反面「あんなに小さかった子が・・・」と、
少しウルウルきてしまうかもしれません ><

私も一年前に、そんな気持ちになったのを思い出します。
子ども成長はあっという間・・・

さぁ、子どもたちの歩みを見送るだけでなく、
私たち親もしっかり前に進まないとですね。

「大丈夫だろうか?」
「ちゃんとやれるだろうか?」って、心配はほどほどに。

心配も度を過ぎると、「不信」になります。
子どもも、親も、兄弟、姉妹、家族みんな大丈夫!
それぞれの「個」を信じることです^^

そうは言っても、つい心配ばかりしてしまう・・・という人ほど、
自分をしっかり生きてみましょう。

自分を信じて生きていれば、相手のことも信じられます。

家族それぞれ「個」の時間を精いっぱい生きればそれでいい。

家事、仕事、勉強、趣味 ・・・

さぁ!あなたも私も、
目の前にある、自分のことをしっかりやりましょう^^



***おまけ***
お休みの日にドライブに行ってきました。
t02200165_0800060013262561883

t02200165_0800060013262561893

t02200165_0800060013262561889






RSS Feed  Posted in 日常, 親子 | No Comments »