misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~ misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~ misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~

私のこと

私の子ども時代 ⑩

Posted on 2017-07-09


 

こんにちは。さゆりです^^

「私の子ども時代」シリーズ、最終回です。
次は何書こうかな~♪

自分の本音を隠すことが
この世を生き抜く最大の武器というか、
知恵というか・・・処世術だと信じきっていた私。

その後、友達付き合いでも、
就職しても、恋愛においても、
どれも、なかなかうまくいかなかったのです。

そりゃそうだよね、
何考えてるかわからない人間なんて
誰からも信用されないわけだから、
何をしたって、うまくいくはずないよね。あたりまえやん!

そんな単純なことさえ気づかずに(←アホか!
呪縛のような思い込みに捉われていた私💦

いつも何かに怒って、
誰かに腹を立てて、
納得いかないイライラを抱えて

表面上では、
「私は幸せですが何か?」と、
涼しい顔して過ごしてた・・・><

しかし、「何かおかしい・・・!!」と、
今まで正しいと思い込んでたことは
もしかしたら間違ってたのかもしれない。

ようやく気づき始めたのは
どうにもこうにも、人生に行き詰まってしまった
30歳を過ぎたころでした💦

今の自分をなんとかしたい。
そう願う一心で、友人に紹介された
カウンセラーさんに会いに行ったのが
この道に入るきっかっけとなりました。

自分では気づかなかった
思い込みや、
身についてしまった考え方のクセ。
第三者の声って、すごい!と、初めて感じた。

今となっては「人生に無駄なことはない」
って言葉も納得できるけど、

幼少時代からの、考え方のクセ、思い込み、
今でもつい出てしまって「ハッ」とすることがあります。

育ってきた環境の中で作りあげられたものは、
その後の人生に大きな影響を与えるものだと
つくづく思うのデス。

何かあった時に、相談できる誰かがいて
その場その場で対処できたら、
傷も深くならないのに!って・・・

しかし、過去を振り返って憂いてみたところで、
自分の欲しい人生など手に入らない。
それを痛いほど感じる今日この頃。

やっぱり、人って、経験から学び
それを活かして行動してこそ、成長できる。

一人では無理なときは、
誰かの手を借りてでも。
大丈夫!がんばっていこう^^

子ども時代なんて、もうすっかり色あせてしまった
りっぱな大人のひとりごとでした(笑)

「私の子ども時代」シリーズ、
お付き合いくださり、ありがとうございましたm(__)m

 

 

。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

⇒  カウンセラーさゆりの子育てブログ  ☆彡☆彡☆彡

 

RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »

 

私の子ども時代 ⑨

Posted on 2017-07-07


 

こんにちは。さゆりです^^

少し間があいてしまいましたが、
「私の子ども時代」シリーズ、
キリがいいので⑩まで続けたいと思います^^

家庭は居心地悪くても、学校で意地悪されても、
自分を「不幸」だとは思わなかった。
どんな環境も、捉え方次第なんだと思います。

ただ、
私は、自分の本音を出すことをしなくなりました。

本音など決して他人に知られてはならない。
知られるのは負け(←??笑)

なぜか、そう信じていたので、

表面的には愛想良く、
「良い子」の振る舞いが得意になりました。

そういえば、中学校でも高校でも、
担任の先生からは「つかみどころがない」って言われてたな
冷めた生徒だったのかもしれません。。。💦

自分の本心を知られたらおしまい!だなんて、
今では笑っちゃうけど、

当時は、そうすることがうまく生きていくコツなんだと
信じて止まなかったのです・・・(-_-;)

当時の私に何かアドバイスできるなら、
もっと、感情豊かに、もっと素直に、もっと自分を解放して!と。

それなりに、楽しかったけど、
まだまだ、もっともっと、子ども時代を楽しめばよかったな。
めいっぱい、楽しいことして、満喫できればよかったな。

まるで、子ども時代に
何か大事なものを置き忘れてきたような・・・

「今」に夢中になれず、
うわの空で過ごしてしまったことを、
大人になって、激しく後悔することになるのです・・・(-_-;)

今日はここまで。

お読みくださりありがとうございました♡

 

 

 

 

 

:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

⇒  カウンセラーさゆりの子育てブログ  ☆彡☆彡☆彡

RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »

 

私の子ども時代 ⑧ 流れ

Posted on 2017-06-28


 

こんにちは。さゆりです^^

懐かしのあの頃・・・
私の子ども時代ふり返り版、お付き合いいただきまして
ありがとうございます^^

今さら過去を振り返るなんて、
時代に合ってないな~、なんて思いつつも、
いろいろあったな~、って客観的に面白がってる自分を発見(^.^)

悩み多き子ども時代だけど、当時はあまり実感がなく。
「イヤだな」「「なんで私だけ?」と感じることはあっても、

「あたりまえ」くらいにしか思ってなくて?
あるいは、
嫌なことから無意識に気をそらせていたのか?

とにかく、毎日をやり過ごすのが精いっぱいで、
自分を「不幸」だとか、思ったことは一度もありませんでした。

「まぁ、こんなもんだろう。」
「今我慢してればそのうち楽になる」と、時が過ぎるのだけを
ただただ願っていた気がします。

今を感じないように、未来に意識を向けていたので、
学校生活の思い出といっても、さほどなく><

記憶にない、というか・・・あまり出てこない^^;
(単にトシくっただけじゃねー?とか言わないで)

友達とアレコレした、部活がどうだった、などと、
学生生活を楽しそうに語る友達がうらやましい~!

今回のように、ひとつひとつの出来事を辿っていくと
「ああ、これもあったな」「あんなこともあった」と、
イモヅル式に思い出すことばかりで・・・。

当時の私に何かアドバイスできるなら、

もっと、感情豊かに!
もっと素直に!
もっと自分を解放して!

それなりに、楽しいこともあったけど、
まだまだ、もっともっと、子ども時代を楽しめばよかったな。
めいっぱい、楽しいことして、満喫できればよかったな。

・・・などと、あれこれ思えて悩ましいです(-_-;)

と、反面、そんな思いにあの頃の私が反抗する。

「そんなのわかってるよ!」
「やれるもんならやってるよ!」と。

だよね・・・ チーン (;_:)

私たちは、
過去に戻ってやり直すことはできないけど、
過去を見つめてその意味を理解することで
今を輝かせることはできる。

未来だけを見つめて、夢だけを追って、
それで進める人ならそれでいい。
それでうまくやれる人だっているんだから^^

だけど、
どうしても過去の傷が痛んで立ち止ってしまうなら、
傷の手当をして先に進めばいいだけの話。
傷も味方にして力強く前を向けばいい。

私たちが生きてるのは「今」。

一度、転んで怖くなったとしても、
大丈夫よ、今ならうまくやれる!

あの頃の小さな自分がビビッてたら、
手をつないで一緒に行けばいい。

あの頃はできなかったとしても、
もう、ずいぶん時間は経ったし
もう、ずいぶん大きくなったよ^^
もうあの頃の自分とはちがう。
もうすっかり、ええ大人やん! (笑)

今の自分で進んでいこうね♪

 

 

RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »

 

私の子ども時代 ⑦

Posted on 2017-06-26


 

こんにちは。さゆりです^^
いつもお付き合いくださり、ありがとうございます♪

私の子ども時代の経験を通して
見えてきた世界がたくさんあります。

たとえば、
部活での先輩後輩の上下関係にうんざりした私は、
自分が先輩になった時には、エラソーにしない!
後輩と「仲良くする」選択をしましたが、

友だちの中には、自分が先輩の立場になったときに、
先輩と同様、威張り散らす子もいました。
自分がされたのと同じことをやってる💦

その時私は、人って、
自分がされたことと真逆をとるタイプと
自分がされた同じことをするタイプ、に
分かれるんだな、と気づきました。

その選択は何に基づいたものなんだろう??と、
そんなことを真剣に考えたものです^^;

だけど、これって、大人の世界でも一緒ですよね。
よくある話です。

職場での上下関係に、ママ友付き合い。

嫁姑の関係にも表れます。
お姑さんにイジメられたから、自分も嫁をイジメる。

取引先に値切られてばかりの営業マンが、
自分が何かモノを買うとき、ゴネゴネにゴネて値切り倒す。
これまた同じことです。

自分がされてイヤなのに・・・復讐?腹いせ?
同じことを人にするって。
それも、無意識にやってしまう。

「自分がされてイヤなことは人にしない」って
学校でも教わってきたハズなんだろうけど、
気づいたらそんな大人になってた💦

私も子どもを持つ身になって、
「自分はどうなんだろう?」と、我が身を振り返ることが
特に多くなりました。

自分が機嫌よく居られるときって、
人に意地悪なんてしないよね。

満たされてるときは
何かを奪ったり、傷つけたりしない。

何かしら、不平不満があったり
心のどこかにわだかまりがあると、
つい魔が差して・・・ということになるのかもしれません。

そりゃもちろん、人生いろいろあるし、
毎日いいことばかりじゃないけれど、

結局のところ、やっぱり一番大切なのは・・・
自分がスッキリいること、
心地よく生きていること、
どれだけ早く、ここに戻って来られるかだと思います!! ^^

 

 

:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

⇒  カウンセラーさゆりの子育てブログ  ☆彡☆彡☆彡

RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »

 

私の子ども時代 ⑥

Posted on 2017-06-22


 

こんにちは。さゆりです^^
いろいろあった?(笑)私の子ども時代、続きます~!

居心地の悪いグループを抜けて、せいせいした小学5年生。

そして迎えた中学校生活!
ようやく無視や意地悪ともおさらば、と思いきや、
今度は部活の上下関係が待っていました。トホホ(;_:)

私が入ったバレー部は特に強烈で、
先輩の言うことは絶対。逆らったりできない。

一年生はボール拾いはおろか、部活の時間といったら
毎日毎日、体育館の周りを走らされました・・・
真面目に?走ってる子から、名前が呼ばれて中に入れてくれる。
先輩が気に入らないと、部活終了までずっと走らされます。
イヤだ。楽しくない(-“-)

学校内でも外でも、先輩に会えば、立ち止って挨拶。
遠くからでも「○○先輩、こんにちは」と、あいさつ。
声が小さければやりなおし。(←くだらねー!笑)
放課後や土日でもどこかで先輩に会いはしないか?と、
ドキドキしてました^^;

挨拶しなければ「呼び出し」が待ってます。
目をつけられる。ってやつですね。
先輩達に囲まれて、あーだこーだ言われるワケ。

私は
「たった一年、先に生まれただけで偉そうにすんなよ!」
心いっぱい反抗してましたが、そんなの微塵も外には出さず、
先輩の顔色伺っては、ヘコヘコしてました。(←慣れてるからね)

小学校の、意地悪グループの時と同じ・・・💦

ちなみにソフト部は先輩と後輩がとても仲良く、
アットホームな関係が、うらやましくて仕方なかったですね。

だから、自分が先輩になったら、絶対エラソーにしない。
後輩たちにやさしくしよう!って、決めてました。

実際、私が3年生になった時には「さゆりセンパイ」って、
慕ってくれるかわいい後輩たちと、楽しくやってました^^

中学生活3年間のうち、最後の1年だけはとても平和でした(笑)

 

obecontinued

 


***おまけ***
振り返り記事を書いていると、普段はあまり思い出さない出来事でも
不思議といろいろ湧きあがってきます。細かい記憶が蘇る!(笑)
ちなみに、この記事書いてるときは
無性に♪Linkin ParkのNUMB が聞きたくなりました^^


 

私の子ども時代 ⑤

Posted on 2017-06-16


 

こんにちは。さゆりです^^

私の子ども時代、振り返り版にお付き合いくださり
ありがとうございます^^

小学校では、友達付き合いがうまくいかず、
しんどかった時期もありましたが、

今となっては、いろんなことが見えてきます。

意地悪グループのメンバーは、それぞれ家庭環境などが
複雑でした。

たとえば、リーダーの子の家は、
お父さんが家族に暴力をふるうDV家庭だったり、
両親の離婚が原因で、引っ越してしまった子もいました。

転勤族、嫁姑、貧しい家庭・・・など。
皆それぞれに複雑な背景を抱えていました。

誰かにイジメられるから、自分より弱い誰かをイジメる。
ストレスの捌け口としてイジメる。
これはまるで負の連鎖。

そんなことしたって、誰も幸せな気分じゃないはずなのに、
無意識にやってしまうんだと思います。

私の場合も同じでした(>_<)

家では母と祖母の険悪なムード。
学校ではいつターゲットにされるかわからない不安。
子どもながらに、いろんなストレスがあったと思います。

いつものグループから受ける嫌がらせの腹いせに、
おとなしそうな子に意地悪や嫌がらせをしてました。
私、本当に恥ずかしいけど、かなり歪んだ子だったんです。

二年生の時は、なんとなく気に入らない子をツネってみたりもしました。
何も言い返さないのがこれまた腹立たしくて、
何度も爪の後をつけたりもしました(-“-)
一度、その子の母親に注意されて「ハッ」と我に返り
泣きながら謝ったのを強く覚えています。

以降、その子とは高校まで一緒で仲良くしてたのですが、
「あんなことしなきゃよかった」と、事あるごとに思い出しては
自分の愚かな行いを悔やんでいました。
苦い苦い思い出です💦💦

イジメてたのは、子どもだけじゃなく大人に対してもです。
お世話係のおじさんを「ハゲ!ハゲ!」とからかって、
見かねた近所のおばさんに注意されたり、

子ども会のソフトボールの監督に対しては、
バカにして言うことを聞かなかったり、からかってみたり。
その監督が家に「なんとかしてくれ」と苦情を言いにきてました。

強そうな人や怖そうな人の言うことはよく聞き、
弱そうな感じの人は見下してたのかもしれません。
なんて性根のひん曲がったイヤな子だったのでしょう!

なぜ、あんなことをしてしまったのだろう・・・?
みなさん、本当にごめんなさいっ!
穴があったら入りたいくらい恥ずかしいデス(;_:)

このように、当時はわからなくても、
後から見えてくることがたくさんあるし
当事者ならでは言い分も理解できます。

そして、これらの経験があるからこそ、強い者、弱い者、
様々な立場の人たちの気持ちが、今、よく理解できます。

過去の辛い経験も、今に活かせることができれば報われる!
経験は捉え方次第で、プラスにもマイナスにもなるのだと(*^^*)

さて、次は中学校での学校編に進みます~^^

tobecontinued

RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »

 

私の子ども時代 ④

Posted on 2017-06-15


 

こんにちは。さゆりです^^

私の子ども時代、学校編の続きです。

仲間外れにしたり、されたり・・・そんな理不尽で、屈辱的で
くだらない日々にうんざりした私は、
5年生に上がる春、クラス替えのタイミングで
グループを「抜ける」決心をしました!

「もうこんなのイヤだ!」
「もうあんな子らとはお別れする!」
「無視されたってかまわない!」

当然、今までのように思い通りに動かない私に対して、
グループの子たちは無視や嫌がらせをしてきたけれど、
それでも私は一人を貫きました。

幸いなことに、そんな嫌がらせをするのは
クラスでも、ある一部の女子たちだったので、
その他の子たちは、普通にしゃべってくれてました。

もちろん男子も。
彼らには相変わらず「ゴリポン」と呼ばれ続けてましたけど(笑)
それでも、意地悪女子グループにいるよりはよっぽどマシでした。

たとえグループの子たちから無視されたとしても、
「ひとりぼっちじゃない」というのがとても心強かったですね。

そのうち、私の毅然とした?態度にあきらめたのか?
グループの子達も、もう私に対して何もしてこなくなりました。

グループを抜けて自由を取り戻した私は、
それはそれは、とても清々しい気分でした!

これが、私の人生の中で
「もうイヤだ!変わりたい!」と心から思い、
腹を決めて行動に移した結果「現実が動き、変わった」
という、初めての出来事でした♪

 

tobecontinued

 

 

 

 

 

RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »

 

私の子ども時代 ③学校編

Posted on 2017-06-14


 

こんばんは、さゆりです^^

私の子ども時代 ③学校編です。

保育園までは朧げな記憶しかないので、
小、中学校生活のことを書きますね。

小学校に入学すると、仲良しグループができました。
が、そこで待ち受けてたのが、今で言う「イジメ」です。

5人程度のグループの中で、一人だけターゲットを決めて
全員で無視するんです。

その中にはリーダーが一人いて、リーダーの子が「こいつ」と
決めたら、昨日まであんなに仲良くしてたのに、
突然今日から無視、という残酷な仕打ちが待っています。
「え?なんで?」と、人生で初めて味わうこの上ない理不尽さ(-_-;)

あの胸が締め付けられるような、孤独感、惨めさ、情けなさ・・・
今でも居心地の悪い記憶として、フラッシュバックすることがあります。

ターゲットにされると、無視だけでなく暴言、いたずら、などの
対象になります。
「ハセ」にする、とか、「はみご」⇒はみ出してる子?って意味?とか
よく言ってましたね。

みんなリーダーの命令に従って、意地悪をするんですよね。
だから、みんな次のターゲットにされないように、
リーダーの機嫌を損ねないよう、顔色ばかり見てたなー。
私も標的にされてない時には、思いっきり意地悪してました・・・💦

そんな生活が、2年生~4年生の終わりまで続いたかなー?
学校行きたくないな、と思ってても、行ってしまう。
イヤだと思ってても、耐えてしまうんですよね・・・というか、
我慢できてしまうんですよね・・・💦
悲しいかな、どんな環境でもある程度は慣れてしまう・・・(>_<)

クラス替えの度にグループのメンバーと違うクラスになりますように!
と死ぬほど祈ったものです(笑)
だけど、いつも運悪くその中の誰かとは必ず一緒でした。

たとえクラスが離れても、仲間外れにしたりされたりする
そんな、ロシアンルーレットみたいな生活にホトホト嫌気がさして、
5年生になる春に、ついに私は決心しました!

「もうこんなの嫌だ!」「抜けてやる!」ってね。
私の人生で「くっそー!」と思って、腹をくくった最初の記憶デス^^

また、続きますね~♪

tobecontinued

 

 

 

RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »

 

私の子ども時代 ②家庭編

Posted on 2017-06-12


こんばんは。さゆりです^^

私の子ども時代のこと、今日は家庭編です。

子ども時代、男子から「ゴリポン」と呼ばれて
コンプレックスの塊だった私^^;

体型もさることながら、性格もかなりキツく
毎日、生きづらかったのを覚えています。

うちの実家は、父方の母と同居しており
嫁姑の不仲を目のあたりにして育ちました。

ものごころついた頃にはすでに母と祖母の仲は最悪で、
もめごとの絶えない日々だったように記憶しています。
毎日何か起きないか・・・ドキドキしながら過ごしていました。

いさかいが起こると、子どもながらに何とか止めようと
仲裁に入るも、何もできない自分の無力さを恨み
早く大人になりたい、と思ったものです(-_-;)

自分がケンカの種にならぬよう、大人に気をつかって
かなり敏感に空気を感じ取り、
何もなかった日は「ああ、今日は平和な一日でよかった」と、
ホッとしながら眠りについたものでした。

土曜日の午後など、誰もいないときが
家で一番くつろげたのを覚えています。

こんな家庭環境でしたが、
当時は「こんなものか」というくらい普通に
受け止めてました。

たまには家族で出かけたり、
弟や妹ともそれなりに生活してましたから。
自分が置かれている環境が当たりまえのこと。

きっと、こんな家庭環境も私の肥満の原因の
一つだったんだろうな、と。

お腹いっぱい食べても、まだ満たされない。
満たされてないのはお腹じゃないハズなのに。
と、今となっては言えるのですが・・・^^;

次回は学校編に続きます^^

tobecontinued

RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »

 

私の子ども時代 ①

Posted on 2017-06-10




こんにちは。さゆりです^^

過去の話ついでに、
私の子ども時代のことを書いてみますね。

その昔、私はずいぶん太ってました。
デブでした。
ブタともよく言われました。
色白だったので「白ブタ」が多かったな。

体型はいつも「肥満体」の診断!

小・中学生時代がピークだったと思います。
前にも書いたことあると思うけど、
なんせ、ついたあだ名が「ゴリポン」だったし💦

これって当時、男子たちに人気のコロコロコミックに
連載されてた漫画の主人公からきてました。

まぁ、興味ある人はググってみてください^^
なんだか鼻水垂らしたゴリラっぽいガキ大将みたいな
風貌の男子が出てくるはず。

今のガリガリ君も似てるかな(笑)

ざっくり言えば「気が強くて男勝りな白ブタ」
それが当時の私??想像してみてね!

そんなだから、私は自分のことが大嫌いでした!
やせたい!と思って、そのころからいろんなダイエットを
試したよ。

空中自転車こぎから、リンゴダイエットにゆでたまごダイエット。
月見草ダイエット←これはキャシー中島と林寛子が痩せたとブームになってたけど、
今となってはどんなダイエットだったのか??
思い出せもしない>< サプリメントだったかな~??

あとは、ウーロン茶鉄観音。鉄漢音じゃないと効果ないとか、
その後プアール茶の方が効果高いとか?なんとか。

にがりダイエットもあったよね。これも後日、肝臓を硬化させるから
よくないみたいな話になったし、絶大な広告効果に乗せられて
マイクロダイエットを試したのはまだ先のことかな。

なんせ、自分を変えたい!なんとかしたい!と必死だったけど、
でもね、止まらないのよ。食欲が!
どんなに「腹八分」って言われても
もうお腹いっぱい食べてた><
挙句の果てに気分悪くなると、太田胃散という(;_:)

お風呂入って自分の三段腹を見るのがイヤだったな~
夏には太ももに股ズレできて痛かったな~

こうして改めて書いてみると、ホント、いろんなものを
ずっしりと溜め込んでたんだなぁ、と思います。
体重が増えるのも無理はない(-“-)

でも、醜かったのは体型だけじゃない。
性格もかなり歪んでて、小学生の頃が一番闇だった。

嫌いなのは外見だけじゃなく、自分の性格も大嫌いでした。
その様子は長くなるので、また次に書きますね~^^

tobecontinued


RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »