misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~ misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~ misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~

私のこと

私の子ども時代 ④

Posted on 2017-06-15


 

こんにちは。さゆりです^^

私の子ども時代、学校編の続きです。

仲間外れにしたり、されたり・・・そんな理不尽で、屈辱的で
くだらない日々にうんざりした私は、
5年生に上がる春、クラス替えのタイミングで
グループを「抜ける」決心をしました!

「もうこんなのイヤだ!」
「もうあんな子らとはお別れする!」
「無視されたってかまわない!」

当然、今までのように思い通りに動かない私に対して、
グループの子たちは無視や嫌がらせをしてきたけれど、
それでも私は一人を貫きました。

幸いなことに、そんな嫌がらせをするのは
クラスでも、ある一部の女子たちだったので、
その他の子たちは、普通にしゃべってくれてました。

もちろん男子も。
彼らには相変わらず「ゴリポン」と呼ばれ続けてましたけど(笑)
それでも、意地悪女子グループにいるよりはよっぽどマシでした。

たとえグループの子たちから無視されたとしても、
「ひとりぼっちじゃない」というのがとても心強かったですね。

そのうち、私の毅然とした?態度にあきらめたのか?
グループの子達も、もう私に対して何もしてこなくなりました。

グループを抜けて自由を取り戻した私は、
それはそれは、とても清々しい気分でした!

これが、私の人生の中で
「もうイヤだ!変わりたい!」と心から思い、
腹を決めて行動に移した結果「現実が動き、変わった」
という、初めての出来事でした♪

 

tobecontinued

 

 

 

 

 

RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »

 

私の子ども時代 ③学校編

Posted on 2017-06-14


 

こんばんは、さゆりです^^

私の子ども時代 ③学校編です。

保育園までは朧げな記憶しかないので、
小、中学校生活のことを書きますね。

小学校に入学すると、仲良しグループができました。
が、そこで待ち受けてたのが、今で言う「イジメ」です。

5人程度のグループの中で、一人だけターゲットを決めて
全員で無視するんです。

その中にはリーダーが一人いて、リーダーの子が「こいつ」と
決めたら、昨日まであんなに仲良くしてたのに、
突然今日から無視、という残酷な仕打ちが待っています。
「え?なんで?」と、人生で初めて味わうこの上ない理不尽さ(-_-;)

あの胸が締め付けられるような、孤独感、惨めさ、情けなさ・・・
今でも居心地の悪い記憶として、フラッシュバックすることがあります。

ターゲットにされると、無視だけでなく暴言、いたずら、などの
対象になります。
「ハセ」にする、とか、「はみご」⇒はみ出してる子?って意味?とか
よく言ってましたね。

みんなリーダーの命令に従って、意地悪をするんですよね。
だから、みんな次のターゲットにされないように、
リーダーの機嫌を損ねないよう、顔色ばかり見てたなー。
私も標的にされてない時には、思いっきり意地悪してました・・・💦

そんな生活が、2年生~4年生の終わりまで続いたかなー?
学校行きたくないな、と思ってても、行ってしまう。
イヤだと思ってても、耐えてしまうんですよね・・・というか、
我慢できてしまうんですよね・・・💦
悲しいかな、どんな環境でもある程度は慣れてしまう・・・(>_<)

クラス替えの度にグループのメンバーと違うクラスになりますように!
と死ぬほど祈ったものです(笑)
だけど、いつも運悪くその中の誰かとは必ず一緒でした。

たとえクラスが離れても、仲間外れにしたりされたりする
そんな、ロシアンルーレットみたいな生活にホトホト嫌気がさして、
5年生になる春に、ついに私は決心しました!

「もうこんなの嫌だ!」「抜けてやる!」ってね。
私の人生で「くっそー!」と思って、腹をくくった最初の記憶デス^^

また、続きますね~♪

tobecontinued

 

 

 

RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »

 

私の子ども時代 ②家庭編

Posted on 2017-06-12


こんばんは。さゆりです^^

私の子ども時代のこと、今日は家庭編です。

子ども時代、男子から「ゴリポン」と呼ばれて
コンプレックスの塊だった私^^;

体型もさることながら、性格もかなりキツく
毎日、生きづらかったのを覚えています。

うちの実家は、父方の母と同居しており
嫁姑の不仲を目のあたりにして育ちました。

ものごころついた頃にはすでに母と祖母の仲は最悪で、
もめごとの絶えない日々だったように記憶しています。
毎日何か起きないか・・・ドキドキしながら過ごしていました。

いさかいが起こると、子どもながらに何とか止めようと
仲裁に入るも、何もできない自分の無力さを恨み
早く大人になりたい、と思ったものです(-_-;)

自分がケンカの種にならぬよう、大人に気をつかって
かなり敏感に空気を感じ取り、
何もなかった日は「ああ、今日は平和な一日でよかった」と、
ホッとしながら眠りについたものでした。

土曜日の午後など、誰もいないときが
家で一番くつろげたのを覚えています。

こんな家庭環境でしたが、
当時は「こんなものか」というくらい普通に
受け止めてました。

たまには家族で出かけたり、
弟や妹ともそれなりに生活してましたから。
自分が置かれている環境が当たりまえのこと。

きっと、こんな家庭環境も私の肥満の原因の
一つだったんだろうな、と。

お腹いっぱい食べても、まだ満たされない。
満たされてないのはお腹じゃないハズなのに。
と、今となっては言えるのですが・・・^^;

次回は学校編に続きます^^

tobecontinued

RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »

 

私の子ども時代 ①

Posted on 2017-06-10




こんにちは。さゆりです^^

過去の話ついでに、
私の子ども時代のことを書いてみますね。

その昔、私はずいぶん太ってました。
デブでした。
ブタともよく言われました。
色白だったので「白ブタ」が多かったな。

体型はいつも「肥満体」の診断!

小・中学生時代がピークだったと思います。
前にも書いたことあると思うけど、
なんせ、ついたあだ名が「ゴリポン」だったし💦

これって当時、男子たちに人気のコロコロコミックに
連載されてた漫画の主人公からきてました。

まぁ、興味ある人はググってみてください^^
なんだか鼻水垂らしたゴリラっぽいガキ大将みたいな
風貌の男子が出てくるはず。

今のガリガリ君も似てるかな(笑)

ざっくり言えば「気が強くて男勝りな白ブタ」
それが当時の私??想像してみてね!

そんなだから、私は自分のことが大嫌いでした!
やせたい!と思って、そのころからいろんなダイエットを
試したよ。

空中自転車こぎから、リンゴダイエットにゆでたまごダイエット。
月見草ダイエット←これはキャシー中島と林寛子が痩せたとブームになってたけど、
今となってはどんなダイエットだったのか??
思い出せもしない>< サプリメントだったかな~??

あとは、ウーロン茶鉄観音。鉄漢音じゃないと効果ないとか、
その後プアール茶の方が効果高いとか?なんとか。

にがりダイエットもあったよね。これも後日、肝臓を硬化させるから
よくないみたいな話になったし、絶大な広告効果に乗せられて
マイクロダイエットを試したのはまだ先のことかな。

なんせ、自分を変えたい!なんとかしたい!と必死だったけど、
でもね、止まらないのよ。食欲が!
どんなに「腹八分」って言われても
もうお腹いっぱい食べてた><
挙句の果てに気分悪くなると、太田胃散という(;_:)

お風呂入って自分の三段腹を見るのがイヤだったな~
夏には太ももに股ズレできて痛かったな~

こうして改めて書いてみると、ホント、いろんなものを
ずっしりと溜め込んでたんだなぁ、と思います。
体重が増えるのも無理はない(-“-)

でも、醜かったのは体型だけじゃない。
性格もかなり歪んでて、小学生の頃が一番闇だった。

嫌いなのは外見だけじゃなく、自分の性格も大嫌いでした。
その様子は長くなるので、また次に書きますね~^^

tobecontinued


RSS Feed  Posted in 私のこと | No Comments »