misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~ misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~ misaki session ~大人の女性のための分析型心理カウンセリング~

育児

少しずつ強くなる

Posted on 2018-04-04



春休み、どデカい荷物を抱えて二泊三日の
キャンプに出かけた息子が帰ってきた。



キャンプに行くと、いつもユニークなお土産がある。

今回は、つくしに、竹のゴミ箱に、笹の手裏剣、
木製キーホルダー!(さぁて、どこに付けようかな?笑)

IMG_1948.jpeg

つくしは早速、ごはんの友に。素朴な味わい。懐かしい…
袴取りが面倒よね^^;

IMG_1944.jpeg

うちの息子、一泊なら大丈夫だけど、
二泊になると、どうしても夜、寂しくなるようで・・・
今回も、初日はやっぱり「家に帰る」と、泣いたみたい。

だけど、二日目は「今日は泣かずにがんばる」と宣言し、
涙を見せずに朝を迎えた様子。
ヨシ!えらいぞ!

少しずつ、慣れていく。
少しずつ、強くなる。
少しずつ、世界が広がるんだ。

きっと一年後は、
何泊でも平気になってるハズ!

 

わが子と散歩

Posted on 2018-03-31


春休み~!!桜、満開♪

毎日、お天気よくて気持ちいい。
先日、息子と近所を散歩しながらお花見。

こうして手をつないで歩けるのも
あとどれくらいだろう?って考えてみたり・・・シンミリ。

あたりまえだけど、子どもはグングン成長する。
大人もドンドン年をとる。
表現の違いだけれど、時が経つのは同じこと。

桜の花びらが舞い散るように、
時が経つのもあっという間なんだろうな・・・

春休み、毎日ガミガミ言ってるけれど、
子育てのありがたさを忘れちゃいないか?自分。と、

「今」を大切にしたいな、と改めて。。(^^;)

 

 

 

RSS Feed  Posted in 日常, 育児, 親子 | No Comments »

 

3月は元気に!

Posted on 2018-03-02



早いもので、すでに3月に入りましたね💦

思い起こせば昨年の後半は
「こんなことってある?」という出来事の連続で・・・。
とても濃い日々でした。
身内に不幸があったのですよ(;_:)

ちょうどその頃、息子の宿題の日記に
「○○の心臓が止まってびっくりしました」という一文を
見つけて、こっちがびっくりしました。

6歳なりの解釈で「死」を受け入れようとしていたのでしょう。

生身の人間の心臓が目の前で止まり、
肉体が骨になるまでを、見届けたのですから、
かなりののストレスがあったはずです。

元気そうだからと油断していたら
2月に入り、
インフルエンザ→おたふくかぜ→発熱&嘔吐と
ハードスケジュールだった息子 (>_<)
学校半分も行ってないやん・・・

もっと気遣ってやればよかった。。。と、
後悔しきりの母です。

暖かくなって元気復活したら
いっぱい遊ぼうね♪





***おまけ***

画像はチト大袈裟です^^;
高熱だったので、豆腐シップを包帯で固定してます。
体温計片手に5分おきに体温を計る息子(笑)

しかし、いつになっても、急な発熱には
オロオロしてしまう情けない母です(;_:)





RSS Feed  Posted in 育児 | No Comments »

 

9月 はじまり

Posted on 2017-09-01




こんにちは。さゆりです^^

今日から9月。
まだまだ暑さは厳しいですが、
空の色と風はもうすっかり秋!

あっという間に寒くなるんだろうな~💦

さて、
夏休み中は、子どもとベッタリ過ごしたので(?)
そろそろ、自分のペースを取り戻したいと思います!

夏休み、ずっと子どもと一緒にいるなんて
考えるだけでゲッソリだったのに、

実際、そうなってみると
「・・・なんか、楽しい」って思ってる自分がいました。

そりゃ、朝ご飯食べたら、またすぐお昼だし(笑)
夏休みの宿題もやらないとだし、
面倒だな~、ってことも多々あるけれど

それより、
「この時間、どう過ごそう?!」って考えてみると
あれもしたい、これもしたい、ここにも行きたい!と、
やりたいことがわんさか出てきて、

一つひとつ計画を立てて→実行 していくうちに
あっという間に、夏休みが終わってた感じです・・・(;’∀’)

満喫しきった!(笑)

どうやら私は今まで
「一日中子どもがいると、自分の時間が制限されるようで
とても窮屈だ」と、思い込んでいたようです。

「夏休みイヤだね~」
「毎日お昼ご飯作るんだよ」
「いつも怒ってイライラしっぱなし」

そんな、子育てママさん達のつぶやきを
真正面から受け止めて、そうなんだー!!と、
覚悟を決めて臨んだ初めての夏休み。

だけど、そんな思いをを改めてみることに。

いつもと少し考え方を変えて、
「一緒に楽しむ」というスタンスにしてみると、
受け取るものが大きく違った現実!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



この夏、
初めて息子と一緒にスノーケリングをしました。
昨年までは拒否られてたのに・・・(笑)

私のやりたいこと、其の1⇒ ダイビング復活。
いつか、息子と一緒に南国の海に潜りたい!というのが
私の夢のひとつ。

その夢に一歩近づいたこの夏。
息子と一緒に泳いでるじゃん!
じんわりと喜びを噛みしめています♡

思い込みって、思いゴミ。
そんな言葉を思い出した今日この頃


お読みくださりありがとうございました m(__)m





。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

⇒ カウンセラーさゆりの子育てブログ  ☆彡☆彡☆彡

RSS Feed  Posted in 日常, 育児 | No Comments »

 

いつの間にか慣れてしまう

Posted on 2015-12-28

6ac201bdef82e40a853638b340e88392_s

こんばんは。さゆりです^^

幼稚園が冬休みに入り、
さて毎日どうしようか?と思ってたところ、
ちょうど夫の休みが重なりました。

ほぼ一日、息子の相手をしてくれてるので
とても助かります^^

普段は、幼稚園から帰ってくると
夕飯・お風呂・寝かしつけまで一人で
やっているので気にならないのですが、

夫が息子の相手をしてくれるだけで
私、めっちゃ・・・楽!!
ということに気づきました(笑)

仕事や家事のあれこれをこなしながら、
ひとりで子どもの面倒をみるって
かなり大変なことなんだ・・・って。
今さらですが💦

そこに誰か一人、
手を貸してくれる人がいるだけで
こんなにも、肩の力が抜けるんだ・・・

知らず知らずのうちに、
毎日気を張ってたんですね。

そして、
私、がんばってるんだ。って、思いました(笑)

世間のママさんおつかれさまです!!

昨日の記事にも書きましたが、
人は良くも悪しくも「慣れる」ものです。

その環境で生きていけるように
エネルギーを無駄に消費しないですむように
全ての抵抗をやめて、染まっていく。

だから、こうして時々何かのきっかけで
見直せるといいですね。

あ、ムリしてた・・・
あ、がんばってた・・・

それに気づくだけで、
ずいぶん楽になりますよ!

私もこんな些細なことで、
心身ともにずいぶん軽くなりました^^

いえ、些細なことこそ大事なのかも。
毎日、些細なことの積み重ね。
ほんの少しの違和感もキャッチして!

さて、まだまだ続く冬休み。
どんな明日になるのかな?
楽しみです
 

 

 

RSS Feed  Posted in 日常, 育児 | No Comments »

 

七五三詣

Posted on 2015-11-16

e26096ce060cdbc944675490686ee8f3_s

晴天の秋空の下、
息子の七五三詣に行ってきました。

今日は結婚式もあったようで
神社の境内におめでたい「気」が
ムンムン漂っていました
t02200220_0800080013485625481

今日は息子も羽織袴で^^

ちょっとばかり背伸びしたその表情が少年ぽくて、
背中に成長のあとを感じながら、
母は元気に育ってくれてることに、ただ感謝のみ。

慌ただしく過ごしていると、忘れてしまいそうになる

「うまれてきた奇跡」

あたりまえに生まれるんじゃなくて、
元気に成長するのがあたりまえじゃなくて、

それはまるで「奇跡」のようにありがたいこと。
その積み重ねの毎日なのに・・・つい忘れてしまう(^^;)

うちの子はやんちゃ坊だけど、それもいい^^
素直にそう思えてきました
元気な姿がうれしくて・・・ジーン。

t02200220_0800080013485625475 (1)

t02200220_0800080013485663111
やんちゃ坊だけど・・・それも、いい (-“-)

最近なんだか、ちょっぴり涙もろくなったのは、
年のせいだけじゃなさそうです(笑)

写真も撮ってもらって、記念日がまた一つ増えました





RSS Feed  Posted in 育児, 親子 | No Comments »

 

親になっていく

Posted on 2015-11-08

5bc73969b5aa3ee520f2e907514395af_s


こんばんは。みさきです^^
日曜日の今日は息子が楽しみにしていた
ピザ作り体験に行ってきました。

どんなことをするかと言えば・・・
某ピザ屋さんの厨房で、手洗い、アルコール消毒を経て
実際に生地をこねるところからスタート。

t02200220_0800080013478308216

t02200220_0800080013478190601

自分の好きな具材を自由にトッピングして
焼きあがったら、カットして終了!
ざっくりとこんな感じです^^

t02200210_0800076213478190598

t02200232_0607064013478190589

親はそばで見ているだけですが、
ついつい「口」や「手」が出そうになります
そんな衝動をグッとこらえるのに必死!

ふと我に返ってみると
いつもどれだけ口うるさくしてるのか?!と、
反省しきりでした・・・(><;)

お友だちと4名で体験したのですが、
作り方にもそれぞれ個性が出ていて、面白かったです。
しかし、どの子にも共通した点は
トッピングし放題にも関わらず、自分の好きな具だけ
遠慮がちに乗せてる。ということ!
盛り放題だからといって誰も山盛りにはしません。
その謙虚さ(?)がっつき加減は大人とは断然違いました

息子といえば、思いのほか上手に生地をこねたり
トッピングも丁寧に考えながらやってみたり、と
普段見れない意外な姿に成長が感じられて、
私にとってもうれしい時間となりました

そんなとき、ふと、子どもが親を「親」にする という言葉を
思い出しました。

・「あれもできるようになった」「これもできるようになった」と
わが子の成長を目を細めてよろこぶとき、

・子どの寝顔にやすらぎを覚えるとき、

・夕飯は子どもが好きなメニューにしようと、考えるとき、

私たちの「親心」が育っているんだと思います。

自分の中から「愛おしい」という感情を、子どもが
引き出してくれているのだと。
そして、親は自分にもそんな一面があったのか、
そんな愛情深さがあったのか、と、気づいて安堵し
無意識ながら自分自身を好きになっていく・・・

親と子の間のエネルギー循環。
子どもからもらっているものは、私が感じているものより
はるかに大きいような気がします。

「子ども」という存在に「親」にしてもらっているのだな・・・と、
そんなことを思った休日でした


RSS Feed  Posted in 育児, 親子 | No Comments »

 

絵本「ことのは」

Posted on 2015-11-05

94d5298d623b9551a95a0a579397535a_s

友人のあたたかい想いと共に、
やさしい絵本が届きました。
今日はほんわか気分のみさきです^^

彼女とは高校の同級生で、もうかれこれの付き合いです。

お寺の住職さんと、パステルアートの先生と、
リトピュアリトミックの先生である彼女の3人の共同作品。

彼女たちは、もともと「ことのは」という紙芝居を作っていて、
読み聞かせの場などで披露していたのですが、

あちらこちからの要望も多くなり、
絵本にしてもっと多くの人のもとへ届けたい!
との想いから、クラウドファンディングという手段を経て
交渉が成立し、晴れてお披露目となったのです^^

人の想いが人を動かす。
まさにその通りですね
 

日々、幼い子どもとその母親との触れ合いの中から
彼女が感じている想いが「絵本」というかたちになりました。

IMG_2346.jpg


「ことば」って大事なんだよ。ということもさることながら、
その「ことば」を発したり、受け取ったときに
自分や相手はどんな気持ちになるのか?
そこを感じ取って欲しいと、彼女は話していました。

時に「ことば」は刃物のように人の心を傷つける
強靭な武器になります。
しかしまた、その傷を癒すのも「ことば」であったりするのです。

感情あるのが人間ですから、自分がツラくて大変だったり
余裕がない時には、つい乱暴な言葉が口をついて
出てしまうこともあるかもしれません。
それは大人も子どもも同じことです。
だけど、そんな時には「ごめんね」という言葉が用意されています。

この一言が言えるかどうか?で、相手との心の距離も
大きく変わってきますよね?

小さなこどもたちは、よく「ごめんね」「いいよ」って言い合ってません?
私も息子を観察しながらよく聞きます。
たまに「いやよ」「ダメよ」などと、ドキッとする返しももありますが(^^;)
それはさておき(笑)

IMG_2350.JPG

IMG_2347.jpg

IMG_2348.jpg

パステルアートの優しいタッチと、流れるようなことばのリズムで、

自分と同じように、相手のことも考えられる「人」になりたい。
「やさしいことばをつかおう」
「ごめんね」「ありがとう」「だいすき」 いっぱい声に出して伝えよう。

大人も子どもも、自然にそう思えるような絵本。
もしどこかで見かけたら、是非手にとっていただきたい一冊です^^

RSS Feed  Posted in 日常, 育児, 親子 | No Comments »

 

心配しすぎるときは

Posted on 2015-04-23

fb1d8843774c62ab61de4ad9bc8a7a58_s

気づけば4月も残り一週間。
びっくりするほど早いですね^^;(私だけ??)

わが子も幼稚園の年中になり、新しい先生やお友だちと
新生活をスタートさせました。

見かけによらずデリケートな体質のようで(?)
新生活で受けた刺激を、帰宅後に発散させまくってます(-“-)

そんなこんなで、私も毎日刺激的ですが、落ち着くまでは
母として広い心で受け止めようと思います (;_:)

同じように、
子どもの新生活を見守ってらっしゃる方もいると思います。

園や学校での様子はどうか?
お友だちと仲良くやっているか?
楽しく過ごせているか?

親としては気になることばかりですね^^;

だけど、それは、
子ども自身が生活の中で学んでいくことであり
本当は親がどうこうできるものでもないんですよね^^;

子どもの可能性を信じて見守る、その距離感が
親にも子にも、しっくりと心地良いのではないかと思います。

そんなこと、わかっちゃいるけど、それでもやっぱり
気になって仕方ない ><

つい、心配しすぎてしまう・・・という人は、
その矛先を自分に向けてみましょう。

親である自分が

だれとでも「仲良く」しなければいけない。と思っていれば、
子どもに苦手な友だちがいると心配になります。

「いい人」でいなければならない。と思っていれば
子どもが「いい子」でないと気がすまなくなります。

もし、

「誰にでもいいなんて顔したくない」という人なら、
子どもが愛想よくなくても気にならないし、

「一人で居るのも平気」という人なら、
子どもがひとりで遊んでいてもさほど気にしないでしょう。

誰でも自分の考えを通して、
「私」という眼鏡をかけて、相手を見ています。

こうでなければならない。
普通はこうだ。
これがあたりまえ。

自分が持っているたくさんのルールを通して
相手を見ています。

子どものことが気になるのは、親としては当然なこと。

だけど、必要以上に気にしすぎてしまって
苦しいときは、

こうでなければならない。
普通はこうだ。
これがあたりまえ。

そんな、自分の中のルールに気づくとラクになりますよ^^

「私」という眼鏡を外して見てみる。
ただそれだけの、ほんのちょっとしたことなんです^^


***おまけ***
毎日幼稚園からいろんなものを持って帰る息子。
最近のお土産はこんな感じ・・・^^;
ザ・ムーシ~。
t02200204_0800074113284470057
t02200293_0768102413284447146






RSS Feed  Posted in 育児, 親子 | No Comments »

 

褒めて育てるということ

Posted on 2015-03-23

9ed7bcb23741bfbfb0e414f0296fb8f9_s

春分の日を迎え、すっかり春の陽気ですね。
気づけば、ブログの更新10日も滞ってしまってました^^;

息子も無事に年少の一年を終え、春休みに突入です。

入園当初から、何かと問題行動が見られた息子でしたが
次第に落ち着いてきて穏やかに進級できることを
心からうれしく思う母です^^

先日は園長先生にも声をかけてもらって
少しお話させていただきました。

「褒めて育てる」教育方針で、集団の中でも
一人ひとり「個」をみていること。

誰かと比べるのではなく、
他の子よりもできるとかできないとかではなく、

どんな些細なことでも、
あたりまえにできることでも、

何かひとつ、その子の中に見つけて、褒める。
それを毎日繰り返す。

すると子どもは自信がついて、
自信がつくと落ち着いてくる。

「時間はかかっても、必ず落ち着くから大丈夫」と。
本当にその通りだなぁと思いました。

幼少期に、認められている。という安心感を持ことは自己肯定につながります。
息子にとってこの経験は、この先どれほど大きな力になることか・・・
親としては本当にありがたいことです(;_:)

入園当初、息子のことで悩んでいた私に、園長先生が
「毎日、何でもいいから褒めてあげてください。そして
今日も一日がんばろう!と抱きしめて送り出してやってくださいね」と
アドバイス下さった言葉。
 
しかし、当時の私はとても余裕がなかったので
「自分では精いっぱいやってるし、褒めてるし、抱きしめてスキンシップも
してるつもりなのに、まだそれじゃ足りないの?」って、
ダメ出しされたような悲しい気持ちになったのを覚えています。

当時はそれだけ必死だったのでしょう(他人事みたいですが^^;)
そんな自分も今ではかわいいもんだな、と思えるんですけどね。

とにかく園長先生のアドバイスを毎日続けて、
今では息子との毎朝の日課になりました。


こちらは担任の先生が作ってくれた「がんばりかーど」

t02200293_0768102413253223413

t02200165_0800060013253223417

「ごはんをぜんぶたべたよ」
「おともだちにやさしくしたよ」
「おそとでげんきよくあそんだよ」
「といれのすりっぱをならべたよ」
「まらそんをがんばったよ」

半年間、毎日できたこと、がんばったことを書いてもらって、
シールを貼ってもらって、うれしそうに見せてくれました。

用紙を付け足して表紙はボロボロになってしまったけれど、
これは私にとって宝物です♪

時間をかけること。待つことの大切さ。を学んだ一年。
この園で、息子と一緒に私も育ててもらってます(^-^)

一年かけて育てた花がやっと咲いた♡
そんな気持ちの春です^^



RSS Feed  Posted in 育児, 親子 | No Comments »