プロフィール

みさきさゆりプロフィール

心理カウンセラー・フォトカウンセラー
 
 
「人生を変えていきたい」
「今の状況をひっくり返したい」
「今までだって頑張ってこなかったわけではない。でも、ズルズルとここまできてしまった気もする。。。」
 
そう思いながらも一人ではなかなか行動できずにいる女性を対象に、【未来先撮りフォトセッション】という、“写真”を取り入れた独自の心理セッションをおこなう。

心理カウンセリングに出会うまで

揉め事の絶えない家庭環境に育ち、
幼いころから、大人たちの顔色を見て空気を読むのが得意な子どもでした。
 
子どもにとって、家族・親戚など、頼るべき大人達が仲が悪いということが、
どんなにつらいことだったか、、、。
 
小学校でいじめられても、誰にも相談できませんでした。
 
「大人を信じない、自分で生きていく!」
そう幼心に決めたのです。
 
 
大人になっても、
コンプレックスも多く、
人を信じられないせいで、人間関係や恋愛はうまくいきませんでした。
 
表面上は“それなりに楽しい人生”を取り繕ってはいましたが、
いつもどこか不安で、落ち着かず、物足りなさを感じていました。
 
 
そして、20代で結婚するも、30代で離婚の危機に直面し、、、
 
 
そんな「人生に喜びを見出せず、生きる目的や自分の存在価値を見失って、鬱のような状態になっていた時」でした。
心理カウンセリングと出会ったのは。
 
 

心理カウンセリングと出会ってから

「このままじゃいけない、なんとかしたい!」
そう思い、心理カウンセリングを受けました。
 
心理カウンセリングを受けることで、
自らの内面と向き合いました。
 
自らの内面と向き合うことで、
問題がクリアになりました。
 
問題がクリアになることで、
自分の人生を取り戻すことができたのです。
 
 
 
カウンセリングを受けて、再び前を向いて進めるようになったことで、
「過去の自分と同じ悩みを抱えている人の力になりたい!」
そう思うようになり、カウンセラーとしての活動をはじめました。
 
 

さらに、女性の場合は、外見からのサポートが内面のケアへも大きな効果をもたらすと感じたため、パーソナルカラーやメイクなども取り入れるようになりました。

【未来先撮りフォトセッション】をはじめるまで

カウンセラーとしての活動をはじめて
たくさんの女性のお悩みをお聞きするうちに、気づいたことがあります。
 
それは、
「実力やセンスや才能はあるのに、なかなか行動できずにいる女性が多い」
ということ。
 
そして、
「なんとか、そんな方たちの力になりたい!」
そう思うようになりました。
 
なぜそう思うようになったのかというと、
何も行動をしないままでは、人生を変えていくことはできないから。
 
そして、実は私自身がなかなか動き出せなかったから なんです。
 
 
心理カウンセリングに出会う前の私は、
なかなか行動にうつせない人でした。
 
現状に満足しているわけでもないのに
それを打破するための行動をなかなかおこせず、
 
現状を変えていきたければ
何らかの行動をしなければいけないと頭では分かっているのに、
それでも、変化につながる行動をこわがって先延ばしにしてしまったり、
 
なぜだか、迷ったり、立ち止まったり、一人で勝手に凹んでしまい、
現状に留まり、行動することを先送りにしてばかりでした。
 
 
 
あの頃の私は、世間的には幸せそうに見えたかもしれませんが
自分自身ではいつも何ともいえない虚しさを感じていて、
 
心が満たされることもなく、でも
「満たされていないなんて思ったら、そんなの贅沢かもしれない」
「不満に思うのではなく、現状に満足しなくっちゃ」
「だって、今も幸せなはずなのだから」
そう自分に言い聞かせていて、
 
自分以外の人がみんな立派に見えて
自分ひとりだけがダメ人間に感じられて、
 
親との関係もなんとなく距離があり、しっくりいかず、
 
そして、親だけでなく、他の人たちとの距離感もうまくつかめず、
表面上では明るくしていても一人になるとどっと疲れてしまう、、、
 
そんな状況でした。
 
 
「何が楽しくて生きてるの?」
友人にそう訊いてしまったこともありました。
 
それほどに、何が楽しいのか、何を頼りにしたらいいのか
自分で自分の感覚が分からなくなってしまっていたんですよね、今から思えば。
 
 
とにかく、一人だからなのか、変わることへの怖さゆえだったのか
相変わらず行動にはうつせないままで。。。
 
 
 
そんな「一人ではどうにも出来ずにいた時」に、
導いてくれるメンターと呼ばれる存在に出会ったのです。
幸いなことに、メンターと出会えて、
メンターに根気強く背中を押し続けてもらえたおかげで、
ようやく私は動き出すことができました。
 
 
そんな「なかなか動き出せない私」だったからこそ、
動けないもどかしさや、不安、焦り、情けなさが、よく分かります。
 
新たな一歩を踏み出す時に
ものすごいエネルギーが必要だということも、分かります。
 
一人ではなかなか動き出せなかったり、
仮に動き出せたとしても一人ではなかなか続けられないということが
痛いほど分かるんです。
 
 
 
「だからこそ、そんな方のサポートをさせていただきたい!」
そうつよく思い、
 
「そのために私に何ができるだろう?」
「どのようなサポートをすれば、安心して行動していけるのだろう?」そう考え、
 
そこから、【未来先撮りフォト】が生まれました。
 
 
【未来先撮りフォト】は、
心理学や写真やメイクといった『私の得意なこと・私の好きなこと』と、
なかなか行動できなかった自分という『私自身が、自分で弱点だと感じていた部分』を取り入れた、
私のすべてを注ぎ込んだセッションです。
 
 
主に、
「40代以降の、これからの人生について改めて考える機会が増えてきた大人の女性」
にぜひ受けていただきたい。後押しをさせていただきたい、
 
そう思っています。
 
 
 
行動した先にこそ、
望む未来がありますよ。